結局のところコロナ(COVID-19)とインフルエンザのリスクが高いのはどっち?リスクを比較をするときに最低限押さえておくべきこと。

scale リスク比較

要約

新型コロナウイルス感染症とインフルエンザのリスクを比較する際には、自分の主張に都合のよいシナリオのみを持ってくるのはフェアではありません。コロナのほうが季節性インフルよりも高リスクですが、季節性インフルも警戒を怠ると十分にリスクの高いものです。

本文

2020年5月14日に緊急事態宣言が39の県で解除となりました。コロナウイルス対策としての外出自粛に対して、経済への影響を不安視する声が徐々に大きくなってきています。

よく出てくるのが「インフルエンザでは○○人死んでいるのに自粛はしていない」などの意見です。以前に私が書いたリスク比較の記事でも2018年のインフルエンザによる死亡リスクは10万人あたり2.6人(日本の死者数3325人)であることを示しました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のリスクを比較したいときに押さえおきたいポイント4つ。その2:リスクのものさし
リスク比較をする際には、比較対象を都合よく選んで「○○よりも小さいから気にするな」という類のメッセージを出してはいけません。それを避けるために、常に一定のリスク比較のセット(リスクのものさし)を使って新型コロナウイルス感染症のリスクを比較してみます。

さらに前回の記事

コロナウイルスとのたたかいは何をもって収束と言えるのか?都道府県独自基準のからくり
安全とは「許容できないリスクのないこと」と定義されるので、許容できないリスクの定義が必要です。コロナウイルス対策に関しては医療崩壊が起こることが許容できないリスクとみなされ、都道府県ごとに異なる状況にあわせて独自の基準が出されてきました。

で書いた「許容できるリスク」を考える際に、インフルエンザとの比較は多くの人の頭の中にあるのではないかと思います。しかしながら今回の新型コロナウイルス感染症とインフルエンザのリスク比較はなかなか簡単なものではありません。ちょっと極端ですが以下の比較は何が問題でしょうか?

シナリオ死者10万人あたり死者数
コロナ:西浦氏予測420000334
インフル:2009年 H1N11990.16
注:コロナ西浦氏予測はhttps://www.jiji.com/jc/article?k=2020041500281&g=soc、インフル2009年の死者数はhttps://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/pdf/kouen-kensyuukai_03.pdf

続いて以下の比較はどうでしょう?

シナリオ死者10万人あたり死者数
コロナ:日本5/16現在7250.58
インフル:1918年 H1N1(スペインかぜ)69824123
注:コロナ5/16時点の死者数は厚生労働省、スペインかぜの死者、人口はhttp://www.tokyo-eiken.go.jp/sage/sage2005/

どちらの比較も何桁も違っていて比較をするまでもない、というイメージになります。リスクのものさしの記事でも書きましたが、比較対象を自分の主張に都合の良いものを持ってくるのは問題が大きいのです。同じものを比較しているようでも、見せ方でずいぶん印象が変わり、コロナ危険派とたいしたことない派に分かれてしまいます。

本記事では、新型コロナウイルスとインフルエンザの死亡リスクを比較をするときに最低限押さえておくべきこととして、なるべくフェアな比較をすることを指摘したいと思います。ただし、ここで扱うのは死亡リスクのみです。症状の違いや潜伏期のふるまいなど病気としての特徴はだいぶ違うようですが、それは医師や感染症の専門家の発信する情報をご覧ください。

コロナウイルスの比較シナリオ

まず、コロナのほうの比較のためのシナリオを上記二つ以外にも考えてみます。以前もいくつか紹介しています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のリスクを比較したいときに押さえおきたいポイント4つ。その3:数字に飛びつく前に信頼性を判断する
メディアによる記事にはセンセーショナルな数字が見出しとして出てくることがありますが、その数字に飛びつく前にその信頼度がどの程度かということを考えることが重要なポイントになります。実際の統計値と仮想的シナリオによる評価、数理モデルによる予測の信頼性について記載します。

クルーズ船ダイヤモンドプリンセスでは3711人現在までに13人の死者が確認されていますので、10万人あたりの死者数は350人となります。中国の武漢では10万人あたりの死者数は41人となります(以前の記事の時より死者数が訂正されて増えています)。ワーストケースとして言われている人口の半分が感染して致死率1%とすると、10万人あたり死者数500人となります。経済を優先してあまり強い対策を取らなかったらどうなるかという事例として、欧州でもあまり強力な対策を行っていないスウェーデンの例を考えてみますと、5/16現在で3674名の死者(10万人あたり死者数36人)、ワシントン大学の予測では収束までに5760名の死者(10万人あたり死者数56人)となっています。

IHME | COVID-19 Projections
Explore hospital bed use, need for intensive care beds, and ventilator use due to COVID-19 based on projected deaths

このように比較対象はたくさん用意できます。これらをまとめると以下の表になります。

シナリオ死者10万人あたり死者数
ダイヤモンドプリンセス13350
人口の半分感染で致死率1%629500500
西浦氏予測420000334
日本5/167250.58
武漢(湖北省)5/16451241
スウェーデン5/16367436
スウェーデン予測 ベスト推定576056
スウェーデン予測 悲観908989
スウェーデン予測 楽観442643

インフルエンザの比較シナリオ

次に、インフルエンザの方の比較のための上記以外のシナリオを同様に考えてみます。インフルエンザの死者数については、公式統計(人口動態調査)上の数字とは別に超過死亡数があります。これは、公式の死因としては肺炎などと記載されているけどインフルエンザがなかったら死んでいなかったであろう人の数を推定しています。

例えばこのようになっています。国立感染症研究所のwebサイト:

2018/19シーズンにおける超過死亡の評価

昨シーズンは3267人となっており、統計上のインフルエンザによる死者数3325人とほとんど同じになっています(公式統計は過小評価されていないということ)。ところが過去には公式統計よりも超過死亡がかなり高かった時期があります。上記サイトでも、1998-1999のシーズンでは超過死亡が35000人以上との記載があります。学童への集団予防接種が批判を受け接種が任意となった1995~2001年には超過死亡が多くなる傾向があったそうです。

季節性インフルエンザによる超過死亡、年平均で1万人超と推定
わが国の季節性インフルエンザによる超過死亡は、年平均で1万人超と推定されることが明らかになった。また、インフルエンザの予防接種との関連性の検討では、予防接種が超過死亡を抑制していた可能性も示された。国立保健医療科学院の逢見憲一氏らが10月に東京で開催された日本公衆衛生学会で発表した

また、超過死亡は推定手法によって出てくる数字が違います。1998-1999のシーズンでは49128人という推定もあります。そんなに昔の話ではありません。恐ろしい数字です。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jph/53/8/53_554/_pdf/-char/ja

1995~2001年では超過死亡は定期接種化の時代の3倍以上になり、10万人あたり17人/年となっています。これは2018年のインフル死亡リスクの6.5倍という数字です。ワクチンをやめるとこれくらいに死亡リスクが跳ね上がるという性質を持っているわけです。

また、インフルエンザで一番恐れられているのは鳥インフルエンザH5N1型です。厚生労働省はこのパンデミックが起きた場合の死者数予測として、重度型で64万人、中等度で17万人という数字を出しています。
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000136961.pdf

コロナの西浦氏予測の死者数42万人よりも大きくなりますね。ということで、こちらのほうも比較対象はたくさん用意できます。これらをまとめると以下の表になります。

シナリオ死者10万人あたり死者数
人口動態調査(2018年)33252.6
季節性超過死亡 2018-201932762.6
季節性超過死亡 1998-19993500028
季節性超過死亡 1998-1999別モデル4912839
季節性超過死亡 1995-2001平均2100017
2009年 H1N11990.16
1918年 H1N1(スペインかぜ)69824123
1919年 H1N1(スペインかぜ)4198674
1920年 H1N1(スペインかぜ)108428191
H5N1の予測 中等度170000135
H5N1の予測 重度640000508

2009年のH1N1パンデミックは当時の報道のすごさを覚えているので、なんとなくインフルの中でも特別ヤバいやつ、というイメージを持ってしまいます。ところが、このようにみると死者としては非常に少ないですね。これを比較対象として持ってくるのはインフルのリスクを低く見せすぎていてフェアではないと思います。

ちなみにスペインかぜも2009年のと同じH1N1型でしたが、こちらは特に若年者の死亡が多かったようですね。

スペインかぜ - Wikipedia

コロナとインフルどっちが怖い?

コロナとインフルエンザを同じテーブルに乗せて、死亡リスクの高い順に並べてみました。

シナリオ死者10万人あたり死者数
インフル:H5N1の予測 重度640000508
コロナ:人口の半分感染で致死率1%629500500
コロナ:ダイヤモンドプリンセス13350
コロナ:西浦氏予測420000334
インフル:1920年 H1N1(スペインかぜ)108428191
インフル:H5N1の予測 中等度170000135
インフル:1918年 H1N1(スペインかぜ)69824123
コロナ:スウェーデン予測 悲観908989
インフル:1919年 H1N1(スペインかぜ)4198674
コロナ:スウェーデン予測 ベスト推定576056
コロナ:スウェーデン予測 楽観442643
コロナ:武漢(湖北省)5/16451241
インフル:季節性超過死亡 1998-1999別モデル4912839
コロナ:スウェーデン5/16367436
インフル:季節性超過死亡 1998-19993500028
インフル:季節性超過死亡 1995-2001平均2100017
インフル:人口動態調査(2018年)33252.6
インフル:季節性超過死亡 2018-201932762.6
コロナ:日本5/167250.58
インフル:2009年 H1N11990.16

さて、リスクが高いのはどっちでしょう?フェアな比較ってなかなか難しいものです。どことどこを比較するかはリスク比較の目的次第で違うからです。

正解はないものの、ここでは一つの例を示しましょう。冒頭の「インフルエンザでは○○人死んでいる」は季節性インフルを想定したものでしょうから、新型のパンデミックは比較対象から外します。季節性インフルは外出自粛など行っていませんので、これと比較するならコロナはスウェーデンシナリオ、さらに収束までの死者数予測(10万人あたり56人)と比較するのが良いかもしれません。逆にコロナではワクチンなどを使っていませんので、ワクチンをあまり使っていなかった1995-2001の超過死亡(10万人あたり17人)と比較するのが良いかもしれません。ただし、コロナのほうも超過死亡を考えないとフェアではありません。ここで、エコノミスト誌のwebsiteの国別超過死亡データ

Tracking covid-19 excess deaths across countries
In many parts of the world, official death tolls undercount the total number of fatalities | Graphic detail

を見ると、スウェーデンでは超過死亡と統計上報告されている死亡数がだいたい同じなので、そのままでよいと考えました。

結局のところ、新型コロナウイルス感染症は季節性インフルエンザよりも死亡リスクで比較する限りは怖い。ただし10倍怖いなどと言われていたように桁が違うほどではなく3倍程度、ということになるでしょう。ただし、これも人種や生活習慣の異なる国をまたいだ比較です。インフルでもコロナでも日本のほうが欧米より死亡率は低いようです。それを加味すると差はもっと縮まるかもしれません。

最後に、上記の二つリスクのものさしと一緒に表してみましょう。

要因死亡率元データ
がん297人口動態調査(2018年)
コロナ:スウェーデン予測 ベスト推定56ワシントン大学IHME
インフル:季節性超過死亡 1995-2001平均17国立保健医療科学院
自殺15.9人口動態調査(2018年)
交通事故3.6人口動態調査(2018年)
火事0.81人口動態調査(2018年)
落雷0.0024警察白書(2000~2009年の平均)

インフルも十分に死亡リスクの高いものです。コロナに比べて大したことはないと考えてワクチンを打つのをやめてしまうとこのように多大な犠牲が払われるでしょう。このブログでも書いてきた通り、コロナのことで頭がいっぱいになるとほかのリスクのことを忘れてしまいがちになりますが、コロナとインフルと比較することでインフルは大したことはないという認識を持たないようにしましょう。

新型コロナウイルス感染症以外のリスクを忘れてしまうと起こる問題って何?
ツイッター等のsnsでリスクに関する市民の意識を調査を行っていると、現在は「リスク=コロナウイルス」に大きく偏ってしまっていることがわかります。このような状態になると災害や事故などほかのリスクへの備えがうすれてしまい、本来抑えらえた被害が拡大するという問題がおきる可能性があります。

まとめ

コロナとインフルエンザのリスクを比較する際には、自分の主張に都合のよいシナリオのみを持ってくるのはフェアではありません。なるべくフェアな比較をするためには様々な角度から見ていく必要があります。全体的に考えてもコロナのほうが季節性インフルエンザよりも死亡リスクは高そうですが、インフルエンザも警戒を怠ると十分にリスクの高いものです。

記事の評価
この記事がわかりやすい、役に立つ、信頼できるなどの感想を持ちましたらぜひ下のいいね!ボタンを押してください。

いいね!をつける (まだ評価がありません)
読み込み中...

ブログランキング参加中です。よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 科学ブログへ

にほんブログ村 科学ブログ サイエンスコミュニケーションへ

リスク比較
リスクと共により良く生きるための基礎知識

コメント

タイトルとURLをコピーしました