2020年10月の「リスク」を分析しました~SNS定点観測結果15~

risk202010-cloud SNS定点観測

要約

Google検索履歴やTwitter、YAHOO!知恵袋を用いて「リスク」のトレンドを定点調査しています。2020年10月の調査結果は、コロナウイルスに関するの状況も変化がなく、他にも大きなリスク関連の事件などもなかったため、全体的に大きな特徴のないものとなりました。11月のアメリカ大統領選挙については、どちらに転んでも「リスク」ととらえられている様子がわかりました。

本文:10月のリスク

Google検索履歴やTwitter、YAHOO!知恵袋などを対象としてソーシャルリスニングを行い、今人々がどんなリスクに注目していたり不安を持っているかを調査しています。方法については3月の調査結果をご覧ください。

2020年3月の「リスク」を分析しました~SNS定点観測結果1~
人々の生の声をSNS等から収集するソーシャルリスニングとして、Google検索履歴やTwitter、YAHOO!知恵袋を用いて「リスク」のトレンドを定点調査しています。2020年3月の調査結果からは、このコロナウイルス蔓延のご時世に〇〇しても大丈夫か?という行動の可否の判断にとても高い情報ニーズがあることが浮かび上がってきました。

本記事では定点調査として10月にどんな「リスク」に焦点があてられたかを分析してみました。

Google Trends

Google トレンド

2020年10月の期間内で「リスク」とともにどんなキーワードが検索されているかを調べ、関連キーワードの注目度(検索数が増えたもの)トップ10を抜き出しました。

順位キーワードトピック
1リスク コンプライアンス 標語リスク一般
2リスクオブレイン2 アーティファクトゲーム
3ハイリスク 薬医療
4リスクオフ金融
5リスクオブレイン2ゲーム
6リスクマネジメント とはビジネス
7リスクオン とは金融
8リスクヘッジ とはビジネス

これまでコロナウイルス関連のキーワードが多く入ってきましたが、先月の調査ではとうとうコロナ関連ワードはゼロとなりました。2020年10月でもコロナ関連ワードゼロが続いています。

1位について、コンプライアンス標語コンテストというものが毎年開催されているようです。組織のリスクマネジメントに関する内容になっていますね。

第11回 コンプライアンス標語コンテスト(2020年) コンプライアンス、全力支援 | HTC・ハイテクノロジーコミュニケーションズ
2010年から実施している「コンプライアンス標語コンテスト」の受賞作品を公開しています。作品は「コンプライアンス意識向上」を目的とする場合、無償で利用できます。(メールでの申請が必要です。)

残りは、ゲーム関連、ビジネス・金融関連の基本的なキーワードを検索しているものが多くなっています。

YAHOO!知恵袋

Yahoo!知恵袋 - みんなの知恵共有サービス
みんなでつくる便利でうれしい知恵の共有サービス。参加している方がお互いに知恵や知識をQ&Aで共有できるサイトです。

2020年10月の期間内で「リスク」を含む質問のうち、閲覧数が多かったトップ10を抽出しました。

順位カテゴリトピック要約
1ボクシングスポーツ井上尚弥はリスクを冒して階級を上げるべきか?
2資産運用、投資信託、NISA投資投資でリスクとリターンのバランスをどう取るべきか?
3恋愛相談、人間関係の悩み不倫不倫中の相手がリスクがあるのに会ってくれるのはどのような感情か?
4結婚コロナコロナで結婚式を中止したが、代わりにどのような代替案が考えられるか?
5競馬ギャンブル菊花賞でどの馬が勝つか?
6スノーボードコロナコロナ感染リスクがあるので、スキー場の影響は禁止すべき
7自動車交通事故交通事故を起こした車を修理するか(不具合のでるリスクあり)買い替えるかどちらが良いか?
8登山登山登山ではリスク管理のためペースを合わせたいが相手が先にどんどん行ってしまう。
9妊娠、出産妊娠、出産妊娠したが収入のリスクがあり、経済的な不安が大きい
10俳優、女優自殺芸能人は自殺リスクが高いのか?

こちらもGoogleトレンドと同様に、これまではコロナウイルス関連のキーワードが多く入ってきましたが、先月の調査ではとうとうコロナ関連ワードはゼロとなりました。2020年10月ではコロナウイルス関連の質問が2つ入りました。結婚式やスキーなどのイベントに関する質問となっています。

コロナ関連以外では、ボクシングの階級を上げるリスク、投資のリスク、不倫のリスク、ギャンブルのリスク、事故車の修理のリスク、登山のリスク、収入変動のリスク、自殺リスクと、非常に多様なリスクへの関心が浮かび上がりました。

Twitter

https://twitter.com/

2020年10月の間につぶやかれた「リスク」を含む1万ツイートを毎週収集し、リスク関連単語の使用頻度ランキングを作成しました。ワードクラウドと表で表します。

risk202010-cloud
risk202010-rank

こちらの頻出単語トップ40はまだまだコロナ関連と思われる単語が結構並んでいます。表には先月順位との比較を示しており、先月より順位が上がった(もしくは100位以下から新たにランク入り)ものは青(10位以上上がったものは濃い青)、順位が下がったものは赤で塗りつぶしています(10位以上下がったものは濃い赤)。

感染、人、コロナのトップ3をはじめ、上位8位までが先月と全く同じとなりました。特に大きなリスクに関する事件等の発生はなかったため、順位的には落ち着いているようです。また、トランプ大統領の名前が入ったのは特徴的です。アメリカの大統領選挙が近づき、大統領の交代がリスクなのか、それとも現政権が続くのがリスクなのかはわかりませんが、大きなイベントととらえられています。

コロナ関連では、マスク、新型、ウイルス、ワクチンなどのワードが順位を上げ、コロナへの関心が若干持ち直した感じになっています。

次に属性による違いを見ていきます。「リスク」を含むツイートの中から、自己紹介欄に「サラリーマン」、「主婦」、「学生」と書いてあるツイートをさらに抽出してワードクラウドを比較してみると以下のようになります(学生は10月から追加)。

risk202010-job

先月に引き続き、サラリーマンのリスクは「投資」でいっぱい、主婦のリスクは「副業」にからむもの、学生のリスクは「意識」でした。コロナへの関心は、全体に比較するとかなり小さくなっていますね。学生については、意識を高く持たないとダメという話なのか、ツイッターには意識高い学生が多くリスクをとっていろんなことに挑戦しているのか、どっちなのでしょう?属性によって「リスク」の捉え方に大きな違いがあることは非常に興味深いです。

ニュースとブログ

2020年6月からNewsAPIというツールを使って「リスク」に関するニュースやブログのウオッチを始めてみました。そして、8月からはYAHOOニュースについて定点観測を続けています。NewsAPIについての説明は6月の調査結果をご覧ください。

2020年6月の「リスク」を分析しました~SNS定点観測結果7~
Google検索履歴やTwitter、YAHOO!知恵袋を用いて「リスク」のトレンドを定点調査しています。2020年6月の調査結果からは、コロナ関連の話題は現減少を続け、人々の意識が経済優先に傾いていることがわかりました。各種の行動をとってもよいかどうかの判断基準については引き続き高い情報ニーズがありますが、対応する情報提供がないままです。

2020年10月は160件の「リスク」を含むニュースがYAHOOから配信されました。これらの要約のテキストマイニングから得られたワードクラウドと、ツイッターとの単語頻度ランキングの比較を以下に示します。

risk202010-news
risk202010-newsrank

ニュースではツイッターに比べるとコロナ関連が圧倒的です。「新型」「コロナ」「ウイルス」「感染」だけが異常に大きく、他の単語がもう見えにくくなってしまいます。ただし、トランプ大統領が出てくるのはツイッターと同じ傾向になっていますね。世間からの注目とニュースのトピックがどんどんかけ離れていっている様子がうかがえます。

まとめ:10月のリスク

10月のリスクの解析の結果、コロナ感染も落ち着いており、他の大きなリスク関連の事件などもなかったため、全体的に大きな特徴のないものとなりました。ただし、インターネットユーザーが関心を持つ「リスク」と、ニュースで取り上げられている「リスク」には大きな隔たりが出てきました。また、11月のアメリカ大統領選挙については、どちらに転んでも「リスク」ととらえられている様子がわかりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました